川島 範久 | Norihisa Kawashima

専任講師|博士(工学)(2016.09 東京大学)

建築家。1982年神奈川県生まれ。2005年東京大学卒業。2007年同大学大学院修士課程修了後、日建設計勤務。2012年カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。2014年ARTENVARCH共同設立(-2016年)。2016年東京大学大学院博士課程修了・博士(工学)取得。2017年川島範久建築設計事務所設立。2014年より東京工業大学助教を経て、2020年より明治大学専任講師。慶応義塾大学SFC・東京理科大学にて非常勤講師も務める。

2014年に《ソニーシティ大崎》で日本建築学会賞(作品)、2016年に《Diagonal Boxes》で第7回サステナブル住宅賞 国土交通大臣賞(最優秀賞)、2017年に《Yuji Yoshida Gallery / House》で住まいの環境デザイン・アワード2017 グランプリ、2018年に博士論文『日本における環境配慮型建築の設計プロセスに関する研究』で第25回前田工学賞等、受賞多数。

川島範久建築設計事務所:
http://norihisakawashima.jp/



修士

石原脩大|Shuta Ishihara

出身地:岐阜県関市

研究テーマ:日本における風に対する「伝統知」の再評価-伝統的な防風対策の仕組みと効果の定量的検証-

岩永宗之|Muneyuki Iwanaga

出身地:長崎県長崎市

研究テーマ:自然素材を用いた伝統構法の現代的活用の可能性と課題-建材としての土に着目して-

勝俣佳奈|Kana Katsumata

出身地:日本

研究テーマ:日本における日射に対する伝統知の再評価

B4

石田葉奈佳|Hanaka Ishida

出身地:東京都目黒区

研究テーマ:こども食堂は都市部地域ネットワークのハブになり得る

泉谷智文|Tomofumi Izumidani

出身地:高知県高知市

研究テーマ:オフグリッドによる新たなエネルギー循環を構築する手法

越智柚月|Yuzuki Ochi

出身地:神奈川県鎌倉市

研究テーマ:水筒から広がる街づくり

柿田湧太|Yuta Kakita

出身地:広島県広島市

研究テーマ:生成と分解、再構築の連関デザイン-生物的循環と技術的循環の関係性の分析-

坂田諒|Ryo Sakata

出身地:神奈川県横浜市

研究テーマ:生物多様性を受容する共生型社会における建築・土木の在り方-土中環境的視点からの再考-

佐野千優|Chihiro Sano

出身地:千葉県市原市

研究テーマ:つまらない水の身近なところからはじめる楽しいデザイン-スケール横断的・時間非断絶的な水の持続可能な循環のデザイン-

高木華|Hana Takagi

出身地:岐阜県各務原市

研究テーマ:都市における緑化建築の在り方-緑化建築と環境教育の関係性-

田中大斗|Hiroto Tanaka

出身地:東京都小平市

研究テーマ:都市の貯木場としてのポテンシャルと地域空間への接続手法

中村玲士|Reiji Nakamura

出身地:神奈川県横須賀市

研究テーマ:都市で「食」を生産したい人たちのための場作り